エントリーはこちらから♪

MENU

 >  社員インタビュー  >  営業部 植木 涼太

RYOTA
UEKI
入社3年目 福島店 営業部  植木 涼太

地域ナンバーワンの鍵は
「チームプレー」。

前職で販売営業をしていた頃から、「衣食住」に携わりたいと思い、もともと関心があった不動産業界に転職を決意。成都不動産は魅力的な先輩が多く、入社後は接客時の話し方や礼儀に関して勉強になることばかりで、自分自身の成長を強く感じられました。職場はプライベートでもよく遊びに出掛けるほど仲が良く、良い人間関係は接客にも活かされていて、まるでサッカーのチームプレーのように、うまくパスを回し合って、全員でお客様を楽しませたり、他愛のない会話からお客様の意外なニーズを引き出しています。全体で接客をすると、なんだかお客様も居心地が良さそうでスムーズな成約にも繋がっています。この福島地区は、競合が多いエリアなので、成都不動産ならではのチームプレーが重要。スタッフもお客様も明るく、楽しく、契約に関しては慎重丁寧を心がけて、地域ナンバーワンのお店を目指したいと思います。

初心を忘れず、
営業トップを目指す。

私はこの仕事にとてもやりがいを感じています。接客している時、成約した時、「お客様の心を掴んだ」と実感できる瞬間が自信になっています。今後の目標は、営業でトップを獲ること。この目標を達成するために、ランキングも毎日チェックして、自分のモチベーション維持に努めています。数字がなかなか上がらない時はとても苦しいですが、粘り強くやっていける人にはこの仕事は向いていると思いますよ。あとは、素直なのが一番。私も今の上司にずっとそう教わってきました。頑固にならず素直になると、人の話がスッと頭に入ってきて、信頼関係も築きやすくなると思います。お客様は「人」で選んでくれる方も多いと思うので、これからも初心を忘れずに素直にコツコツと、向上心を持って頑張ります。

一覧に戻る