エントリーはこちらから♪

MENU

 >  社員インタビュー  >  営業部 土手 俊祐

SHUNSUKE
DOTE
入社4年目 曽根駅前店 営業部  土手 俊祐

さまざまな人、街との
出会いがあるから楽しい!

建築に携わる父親に影響を受けて、大学では建築関連について学びました。一方で、アルバイトはカフェの接客。人と関わることが好きでやりがいを持って働いていました。就職活動では、建築と人に関わることのできる不動産業をメインに行いました。成都不動産は父から良い会社だと聞いており、面接でもとてもフレンドリーで話しやすかった印象があります。採用担当の方が、新人やベテランに関係なく、ここは実力や結果で評価してくれると話してくれたことも魅力的で、働くならここしかないと直感的に思ったんです。また、成都不動産が扱うエリアは大阪で最も人気のエリア。人と会って話すことが好きな私にとって、様々な場所から移ってこられるいろんな人と出会えることもワクワクする要素の一つでした。

同じ⽬的を持って、
チームワークを発揮して取り組む。

入社後に配属されたのは十三エリア。初めての土地だったので最初は苦労しましたが、いろんなことを吸収できました。その後豊中へ移り、十三とは客層が全然違うので、まずはお客様のお話を伺い、何を求めているかをイメージして擦り合わせます。お客様に寄り添いながら提案する力がつきましたね。成都不動産は、一人ひとりが高い意識を持って役割分担しながらチームで営業するスタイル。みんなが同じ目的を持って働けていると感じます。そして現在は主任という立場になり、新人教育を行うようになりました。成都不動産の教育体制では、一人で営業に出るまでに試験をクリアする必要があるので、安心して自分のペースで着実に独り立ちできると思います。やはり謙虚で前向きな人がよく伸びると感じます。知識だけではなく、接客の細かいところまでしっかりと教えるので、他社と比べても社員一人ひとりの接客レベルは高いと思います。それが成都不動産らしさであり強みですね。

一覧に戻る