エントリーはこちらから♪

MENU

 >  社員インタビュー  >  営業部 北 彩乃

AYANO
KITA
入社6年目 大阪空港蛍池店 営業部  北 彩乃

接客経験を活かせて、
地域のためになることをしたい。

学生時代は、お菓子屋さんやドラッグストア、アミューズメント系など、接客業のアルバイトに携わりました。私の就職活動のポイントは2つ。大好きな接客業であることと、地元で働きたいということ。ゼミでは地域政策や地域活性について学んでいたこともあり、就活では、「地域のために何ができるか」を考えていました。私の住む豊中地区はのびのびとした開放的な雰囲気があります。地域に密着した仕事なら不動産業がピッタリだと思い、成都不動産を見つけました。入社を決めたきっかけは、社員がフレンドリーな雰囲気で働きやすそうだと思ったから。入社後は思っていた通り、社員はみんな楽しい人で、面倒見も良い人ばかり。不動産業は男性が多いイメージがありましたが、この会社は女性も多く、育児や子育てに対して上司の理解も高いのが素敵なところです。社長がオープンな方で社員の意見にきちんと耳を傾けてくださることが、会社全体の風通しの良さに繋がっているのだと思います。

育児休暇から復帰。
必要とされることに
やりがいを感じます。

私は1年半ほどの産休・育休を経て、職場復帰しました。実は、私が社内初の育児休暇取得者。復帰前は少し不安もありましたが、時短勤務で仕事と育児の両立ができるように配慮してくれています。休職前は、バリバリの営業として働いていましたが、復帰後は営業サポートがメインの仕事。現店舗は人数が少ないので、契約前からその後のフォローまで、これまでの営業経験を活かして営業のサポートができているのかなと感じています。サポートする立場で大切なことは、どれだけ周りを見られるかだと思います。入社当初は自分のことで精一杯で、先輩方の力を借りてなんとかやりきっていた私ですが、復帰後この立場になって、視野が広がったかなと感じます。今はお客様のために、そして周りのスタッフのために何ができるかを常に考えられるようになりました。必要とされることが嬉しいです。復帰して、みんなの役に立てていると感じられるこのポジションに、今とてもやりがいを感じています。

一覧に戻る