エントリーはこちらから♪

MENU

HOME  >  社員インタビュー

STAFF INTERVIEW社員インタビュー

MORE INTERVIEWもっと先輩の声を聴いてみる

  • 三藤さん
  • 田頭さん
  • 尾儀さん
  • 仲野主任
  • 中谷さん
  • 清水さん
  • 宮垣主任
  • 武村さん
  • 中原主任
  • 松原主任
  • 竹内店長
  • 松下マネージャー
  • 水本係長
  • 三藤さんインタビュー

    いい意味で期待を裏切る会社です

    この会社に決めた理由

    新卒でハウスメーカーに入社。住宅展示場でお客様をご案内する営業をしていました。ですが、想像以上に来場者数が少なくて。たまに来てくださる方も、「子供の遊び場」目当ての方がほとんどでした。次第に「もっとお客様と接する機会がほしい」という思いが強くなって、転職を決意しました。転職活動は、多くの方に接する機会があって、経験を活かせそうな不動産賃貸営業に絞って探していましたね。そんな中で、北摂エリアでは有名だった当社を見つけました。集客力もあるだろうと思って面接を受けることにしたんです。面接の日のことは今でもはっきり覚えていますよ。ロビーのところに私の名前と「お待ちしておりました」と書いてあったんです。すごく歓迎されている感じを受けたのと、面接官の方の雰囲気がすごく良くて。最終的に複数社内定をもらいましたが、この雰囲気に惹かれて当社への入社を決めました。

    入社してよかった点

    入社後1ヶ月はみっちり研修。ほぼ同期入社の人たちが集まって営業ロープレや業務研修などをやりました。ですが座学だけでなく、店舗でのOJTと座学研修を交互にやってもらったので身につくスピードも早かったと思いますよ。ずっと座学だけでは現場の空気が分からないので、私はとてもやりやすかったですね。店舗の雰囲気もすごく良いです。不動産の営業って、個人でノルマを達成したり、売上をあげたり個人プレーのイメージがあったんです。後輩を育ててくれなさそうというか、先輩に質問しづらさそうというか。でも真逆で、先輩がすぐに声をかけてくれるので聞きやすいですし、すぐに疑問が解消できるので頭に入りやすいです。上司からも「お客様対応中でも質問してな」と前振りしてもらえるので、すごくありがたいですね。先日、先輩にフォローしてもらいながら初めて契約をいただけたんです。達成感がすごくて、モチベーションも上がりました。

    中途入社だから分かる社風 カルチャー

    この会社は前職よりも年齢が近い人が多いです。自ずと仕事以外でのコミュニケーションも増えて、結果的に仕事もスムーズに進められていると思います。それにこの会社は先輩や上司が良い意味でたくさん声をかけてくれるんです。先輩が休日の過ごし方などを質問してくれたり、上司も「昔の不動産賃貸はね…」って話を教えてくれるんですが、それがまた面白くて(笑)。あとは、この業界ってブラックなイメージもあったりするじゃないですか。私も残業は覚悟していたんですが、蓋を開けたらほとんどありませんでした。チームで業績を上げているからでしょうか。ギラギラした感じもなくて、定時前に終礼を行なって19時過ぎにはみんなで帰る毎日です。こういう部分で悩んだり、心配している方に「ここなら良い意味で裏切られるよ」と教えたいですね。思い切って環境を変えて大正解でした。

    • 尾儀さんインタビュー

      仕事が出来る営業マンに成長したい

      この会社に決めた理由

      やりたい仕事内容だったということが一番ですが、その中でも成都不動産を選んだ点は3つあります。1つ目は大阪でずっと勤務できること。これから先々、実家の両親ことも気になりますし。2つ目は実力主義というところ。自分自身の頑張りを直接評価してもらえるのは、なんだかスポーツに似ていて。まわりくどくなくて僕はそういうのが好きなんです。最後は、みんなはあまり気にしていないのかもしれないけれど、安定企業というところ。成都不動産は大阪北部の不動産会社として確固たる地位を築いています。大企業ではないけれど、遠方への転勤もなく、安定した企業という点が、この会社を選んだ理由です。

    • 仲野主任インタビュー

      店長目指して頑張っています

      当面の目標は店長

      業務も一通り覚え、業績もあげれるようになり、近年「宅地建物取引士」の資格も取得しました。ここから先は、仲介営業としての業績だけではなく、後輩の育成、店舗運営などを習得しながら、お店の店長として進んでいくのが目標です。

    • 中谷さんインタビュー

      わからないことは周りがフォローしてくれる環境

      一人一人のお客様に寄り添える

      成都不動産での接客は、お問い合わせ~鍵のお渡しまで、一人の担当制で進めることが出来ます。お客様によっては、数日かけて、長い時間お客様と接し、納得のいくお部屋を共に探していきます。いろんなお客様がいらっしゃいますが、自分の知らないことを教えていただいたり、時には友達みたいな雰囲気になったり、鍵のお渡しの際に感謝のおみやげを頂いたりと、多くの出会いと、深い関係性が気付けるのがこの仕事の魅力です。

    • 清水さんインタビュー

      先輩たちはみんないいひとです!

      この会社に決めた理由

      就活の時は、不動産会社やほかの業種もたくさんみました。最終的に成都不動産を選んだのは、人事の方々やお会いした先輩方の人柄がよかったからです。入社後も優しく丁寧に仕事を教えていただいて、今では私が後輩を教える立場になっています。

       

      入社後苦労したこと

      私は入社してから「宅地建物取引士」の資格を取得しました。学生時代と違って、働きながら勉強するのは大変でした。仕事が終わってからの数時間、休日はほとんど丸1日。半年間必死になって、やっと合格でき、すごく苦労したけど、大きな達成感を得られました。

    • 松原主任インタビュー

      法人部から新規事業部へ!!

      現在の仕事内容

      入社当時は、賃貸営業でキャリアを積ませていただきました。現在は、法人部に従事しながら、新規事業のマンスリー事業部の仕事も兼務させてもらっています。入社するときは、不動産の仕事は、部屋探しの人に、お部屋を紹介する、としかイメージがありませんでしたが、成都不動産入社して、不動産ビジネスをいろいろと経験させてもらっています。

    • 竹内店長インタビュー

      向上心が人を育てる

      今の仕事のやりがい

      現在は、淀川区にある3店舗を統括する店長を任せていただいています。周りに負けたくないという思いで邁進してきましたが、気が付いたら今の立場になっていました。店舗運営、部下指導、時にはクレーム対応など。ひとつのお店を運営するのは、1つの会社の社長のようなもの。同じ仕事というのはなくて、日々、考え行動し、店舗の業績向上に取り組んでいます。1店舗でも大変なのに3店舗って。大変だけど面白いです!!

    • 松下マネージャーインタビュー

      皆が目指せる上司像を求めて

      今の仕事のやりがい

      北摂地域6店舗を統括するマネージャーを担っております松下と申します。やりがいはたくさんありますが、その中で1つだけ、皆さんにお話するとしましたら、私は多くの家主様たちとの出会いですね。不動産のお仕事はお部屋を借りたいお客様ともたくさん出会いますが、マンションの家主様と深い関係を築いていけるお仕事です。自分の祖父母のような方にかわいがっていただいたり、さすが富裕層の方と思える、頭のきれる方とビジネスの会話をしたり。自分も多くの家主様に社会人として育てていただきました。今はこれまでの恩返し。私たちを頼りにしてくれる家主様の大切な資産(マンション)に、良い入居者様をご紹介し、喜んでいただけるのが一番のやりがいです!

    • 水本係長インタビュー

      経験を積んで新たなステージへ!

      入社から現在までの仕事内容

      1年目~ 賃貸仲介営業
      6年目~ 集客対策課 新設された集客対策課として各店舗を回りながら、集客対策業務を実施
      16年目~ 総務課兼務
      17年目~ 人事課兼務
      18年目~ 経理課兼務
      現在は、総務、採用、経理の実務を行いながら、本社バックオフィス業務を統括させていただいております。 入社した頃は、まだ3店舗だけの会社だったので、会社も大きくなってきたと感じます。 これからご入社いただける方と、さらに会社を成長させ、自分自身もさらにステップアップしたいと思います。

    クロスCROSS TALKクロストーク