宅建士にしかできない仕事がある

宅地建物取引士は不動産の売買や仲介などに不可欠な資格です。取引を公正に成立させるために、買主、借主に建物の説明をするなど、宅建士にしかできない仕事が法律で定められています。そこで、成都グループでは宅建取得を全力でサポートしています。

宅建士の仕事

重要事項説明

不動産を取得しようとしている人(買主)、借りようとしている人(借主)へ、契約前に所有者、広さ、登記のこと、手付金やキャンセルした際の取り決め、退去時の精算、物件や取引条件に関する様々な情報を前もって説明します。お客様に十分に内容をご理解しご納得いただけるまでしっかりとお伝えします。

重要事項説明書への記名・押印

重要事項説明の内容はきわめて広範囲にわたるため、口頭での説明のみでは理解することは簡単ではありません。そこで、説明内容を記載した重要事項説明書を作成し、交付します。
この書面には、宅地建物取引士が「記載内容に責任を持つ」という意味で名前を書いて押印する必要があります。

宅建士設置義務

賃貸事業では店舗ごとに従業員の5人に1人以上の割合で専任の宅地建物取引士を置くように法律で義務付けられています。
賃貸事業にとって宅建という資格は、業務をするうえで、無くてはならない資格なのです。

宅建取得斡旋

宅建取得バックアップ制度1

成都グループでは宅建取得バックアップ制度を実施しております。4月末頃から本試験までの間、社外のプロの講師をお招きして毎週水曜日に2時間~3時間の講習を行っております。
もちろん講習費用は全て会社が負担致しますので、バックアップ制度をフル活用して、宅建取得へ向けてチャレンジして下さい。

宅建取得バックアップ制度2

4月末頃から本試験までの間、毎週水曜日に本社の研修室を自習室として開放しております。集中して勉強できる環境を準備しています。
家ではなかなか集中力が続かないという方は、ご活用下さい。